本文へスキップ

PSO+PSU+PSO2のファンサイトリンク
Bland New Tea☆Time♪

Bland New Tea☆Time♪

このページは、管理人が書いたPSO小説となります。
(HP小説の無断転載を禁じます。)
PSO(Phantasy Star Online の略称)は、SEGAの登録商標です。
作品の著作権は、作者にあります。
なお小説の内容は、ゲームの攻略等を示す物ではありません。
小説はオリジナル要素を、多分に含みます。ご了承の上お読みください。
ご理解頂けない場合は、ブラウザバックでお戻りください。
なお小説内に登場する企業・組織・団体は架空のもので、実在する企業・組織・団体とは無関係です。

Phantasy Star Online Destiny 外伝01話pso-novel

「Merry X'mas」
森エリア2…

 今日は朝から雪が降り続けました。
しんしん…しんしん…ゆっくりと。
皆の幸せの数だけ、たっぷりと。
「今日はいっぱいふってるなー・w・」
サンタの格好をした綺麗なお姉さんRemi Dunamisはそう呟きました。
皆へのプレゼントを袋をつめながら外をみていたレミサンタ。
 「あと一週間でクリスマス・w・♪」
クリスマスに向けて家も煙突も作りいっぱい練習したレミサンタも楽しそうです。


数時間後…

 「シチュー♪シチュー♪クリームシチュー・w・♪」
 大きな鍋でぐつぐつとシチューを作っているレミサンタ。
そんな時、こんこんと、入り口ドアを叩く音がなりました。
 「・w・?」
ドアを開け外を見回すレミサンタ。不思議な事にだれも見当たりません。
 「いたずらかな…・w・;」
ドアを閉めようとしたら、むぎゅっとした感触が伝わりドアが閉まりません。
そっと下を覗き込むと、ドアにはさまれぐったりしたマグのプーシャン。
 「どうしたの・w・?」
シチューをおいしそうにぱくぱく食べるプーシャンに、レミサンタは聞きました。
 「えっと…お腹が減って…じゃなくて、実は僕ご主人様を探しているんです。」
野良マグだった頃、ハンターズに憧れて自力でここまで育ったプーシャン。
新しいご主人様を見つけてその人に尽くしたいとの事だった。
 「よし!レミが一肌ぬいてあげるかぁ・w・!」
レミは一つ考えて、風船を膨らまし始めました。
 「もうすぐ、クリスマスきっと受け取ってくれた人が君のご主人様さ・w・♪」
 プーシャンの写真とご主人様となってくれる文書をこめた袋をつけて。
一人と一匹は、気持ちをこめていっぱいいっぱい作りました。
部屋にはいらないくらい、いっぱいに。
 「さあ、とばすぞ・w・」
 数百にもおよぶ風船の群れは、どんどん飛んでいきます。
その思いを乗せて…どこまでも、どこまでも飛んでいきます。


クリスマス・イブ…

 レミサンタのお家に封筒が届きました。
中を開けてみると、写真と手紙がはいっています。
優しい笑顔を浮かべる:+:Noel:+:とプーシャンの写真です。
サンタは希望と幸せを運んでくれます。
あなたにとって幸せなクリスマスでありますように…Merry X'mas♪
前ページに戻る「Return」                          次のページへ「Next

HPバナー

PSO2応援バナー

inserted by FC2 system