本文へスキップ

PSO+PSU+PSO2のファンサイトリンク
Bland New Tea☆Time♪

Bland New Tea☆Time♪

このページは、管理人が書いたPSO小説となります。
(HP小説の無断転載を禁じます。)
PSO(Phantasy Star Online の略称)は、SEGAの登録商標です。
作品の著作権は、作者にあります。
なお小説の内容は、ゲームの攻略等を示す物ではありません。
小説はオリジナル要素を、多分に含みます。ご了承の上お読みください。
ご理解頂けない場合は、ブラウザバックでお戻りください。
なお小説内に登場する企業・組織・団体は架空のもので、実在する企業・組織・団体とは無関係です。

Phantasy Star Online Destiny 外伝02話pso-novel

「サンタからのプレゼント」
 海鷹(カイオウ)総合病院…

 今日はクリスマスイブです。
 「サンタさん来てくれるかなあ…?」
病気で入院している少女はくまのぬいぐるみを抱きしめながら願い事が書いてある
赤い靴をみながら、しゃんしゃんと真っ白な雪が降る夜空を見上げました。
 少女の名前はMinia
ハンターズである両親を持つMinaは両親に似て冒険心の強い子です。
でも病気で外にでる事ができません。
 だから、せめてもの彼女の願い事は「ラグオルを見てみたい」
両親や、病院にくるハンターズのノエルやレミ達に冒険の話を聞くたびに心躍らせていました。
どうしてもラグオルを見てみたいと思う心は日に日に高まっていきます。
 「皆の見てる世界を見てみたいな…」
 そんな事を思いながらくまのぬいぐるみを抱きしめながら眠りについていきました。
それからどれくらい時間がたったでしょうか?
寒くて目を覚ますと目の前にサンタとトナカイがいます。
 「くすぅ♪Happy X’mas♪^^*」
クラッカーを鳴らし笑顔で笑うノエルサンタ
 「お、目を覚ましたか・w・」
フォトンホバークラフトをたくみに操るトナカイの格好をしたレミ=デュナミス
 「今からラグオルを見せてあげます♪^^*」
それを聞いて笑顔になるMinia
 「元暴走族・魔留血胃頭(マルチーズ)特攻隊長の凄さをみせてやるぜ・w・」
急速の加速を始めるフォトンホバークラフト。


森エリア…

 森を高速で駆け抜けセントラルドームが見えてきました。
 「あは♪すごぉい^−^」
 Miniaの顔に笑みがこみ上げてきて、とっても嬉しそうです。
湖の上や海の上を走り抜けながらラグオル地表を走り抜けていきます。
 「すごい♪すごーい♪ありがとぉ^−^」
 今日はクリスマスイブ…あなたの元にもサンタさんがくるといいですね♪
皆様に幸せな日でありますように…♪ Happy X'mas♪
前ページに戻る「Return」                         次のページへ「Next

HPバナー

PSO2応援バナー

inserted by FC2 system