本文へスキップ

PSO+PSU+PSO2のファンサイトリンク
Bland New Tea☆Time♪

Bland New Tea☆Time♪

このページは、ソロルちゃんが書いたPSU小説の入口となります。
(HP小説の無断転載を禁じます。)
PSU(Phantasy Star Universeの略称)は、SEGAの登録商標です。
作品の著作権は、作者にあります。
なお小説の内容は、ゲームの攻略等を示す物ではありません。
小説はオリジナル要素を、多分に含みます。ご了承の上お読みください。
ご理解頂けない場合は、ブラウザバックでお戻りください。
なお小説内に登場する企業・組織・団体は架空のもので、実在する企業・組織・団体とは無関係です。

PSU小説ソロルサブストーリー(作者:被検体1096ソロル)pso-novel

「箱舟に託されたもの」 
???
 
 「もう……よ…も…終…たよ…」
  また…あの夢…いつもと同じ夢…
 「…め……なことに…って」
どこかで見た事のある風景……どこかで感じた事のある感覚…そして…声…
 「今…で……めん」
でも、誰なのか思い出せない…あんなにも…愛…って…の…に?
 『…ぉ…に……さま…?』


GRM本社ビル地下30F・実験研究用・地下特別保管室内…

 大きな部屋の奥…壁に埋め込まれるように2つのカプセルが安置されている。
 その周囲には乱雑に機材が置かれており、数名の研究者達が
何やら作業を行っている傍らでカプセルを見上げる青髪に黒服の女…
 「これが例の被験体とやら?…どう見てもニューマンにしか見えないわね」
近くにいた研究者の一人が作業を続けつつ誰ともなしに呟いたその言葉に答える
 「どうやら我々の知るキャストよりも生体部品の割合が多いようで…
  外見だけでは判別はほぼ不可能です」
 「ふぅん…サイボーグみたいなもんかね」
 「近いと言えば近いかもしれませんが、それにしては各ブロック間の誤差が極端に少なく…
  やはり基本的にはキャストに分類されるようです」
 「そうかい…で、作業の方は?」
 「そろそろ各機材の設定が完了します…あとはで例のシステムを組みこんだキャストに…」
 「こいつらの人格をインストールするだけ…か…フフフ」


 『…くー…んにんに…秋なすびー…?…もやしいっぱいー』


GRM本社ビル地下30F・実験研究用・地下特別保管室…

 夢…まタあの夢…イツもとおナじ…
 「…れは……本…実験……使…はずだ……ロルじゃ?」
…オなじじャ…ナい?
 「ほ…被験…96ソロル…あ…験体107…フラーテル…書いて……ね。」
……ソロ…ル?…フラー…テ…ル…?なに?…懐かしい…感じ…
 「…!?キャスト…になっ…事でIQが…ったか!?うひょー!」
 …うひょー?
……ちがう、いまはこっち…ソロル…なまえ…そう…わたしの、なまえ…
フラーテル…おぼえてる…ずっと、いっしょだった…たいせつな…
 (ズズン!)
 「おおっと!?(ごいん)」
 たいせt…とても、いたい
―Warning!短期メモリと長期メモリの照合中にエラーが発生―
―短期メモリ開放作業…中断−
―スリープモード解除…メインAI起動開始…―
―起動プロセス中にエラー発生…自己診断モードへ移行―
―自己診断開始…少量のデータ破損を確認−
−記憶領域より人格OS再構築…OS<Ark>をセーフモードで起動―


 「…ゴハンはまだですか?」

そして…歯車は廻り始める…
前ページに戻る「Return」                            

HPバナー

PSO2応援バナー

inserted by FC2 system