本文へスキップ

PSO+PSU+PSO2のファンサイトリンク
Bland New Tea☆Time♪

Bland New Tea☆Time♪

このページは、PSU小説に登場する惑星パルムの説明となります。
(HP小説の無断転載を禁じます。)
PSU(Phantasy Star Universeの略称)は、SEGAの登録商標です。
なお小説の内容は、ゲームの攻略等を示す物ではありません。
小説はオリジナル要素を、多分に含みます。ご了承の上お読みください。
ご理解頂けない場合は、ブラウザバックでお戻りください。
なお小説内に登場する企業・組織・団体は架空のもので、実在する企業・組織・団体とは無関係です。

Phantasy Star Universe 小説・惑星パルム説明psu-novel

惑星パルム
DATE:        直径 約1万2000km(地球とほぼ同等の大きさ)
陸と海の面積比: 6:4(陸地は人工大地を含む)
人口:        約10億人
種族比率:     ヒューマン:ニューマン:ビースト:キャスト=8.5:0.3:0.7:0.5
パルムでの生活
 人工的にはヒューマンの占める割合が圧倒的に多いが、パルムの各シティは
ほぼすべてがキャストによる合議制によって統治されている。
 キャストはパルム総人口の約5%にしか満たない少数民族であるが、行政・司法・
立法の三権すべてを掌握している事は、全大戦の戦後処理の結果とも言える。
そのためパルムにはキャスト至上主義とも言うべき差別意識が強く根付いている。
 しかし、キャストは恐怖政治を敷いたりすることはなく、公務以外について以外は
自由な社会を形成している。
経済活動なども多種族に完全に解放されていて、ヒューマン統治時代よりも圧倒的に
平和な時代を築いている。
パルムの歴史
 文明滅亡以後、ヒューマンとともに発展してきた惑星パルム。
グラール太陽系には可住惑星が3つあるが、その中でもっとも太陽に近い。
 パルムはグラール太陽系最大の人口保有惑星ではあるが、長い戦争の傷跡を
数多く残し、その自然のほとんどは人工的に修復したものになっている。
 パルムには500を超えるシティが点在しており、惑星の首都は100年前の3惑星
同盟が締結された歴史的に有名なタルカス・シティである。
 しかし、実質的な経済活動の中心は同盟評議会ビルもあるホルテス・シティにあり
同盟軍本部などの主要な主要な施設もホルテス・シティに集中している。

HPバナー

PSO2応援バナー

inserted by FC2 system