本文へスキップ

PSO+PSU+PSO2のファンサイトリンク
Bland New Tea☆Time♪

Bland New Tea☆Time♪

このページは、PSU小説に登場する惑星モトゥブの説明となります。
(HP小説の無断転載を禁じます。)
PSU(Phantasy Star Universeの略称)は、SEGAの登録商標です。
なお小説の内容は、ゲームの攻略等を示す物ではありません。
小説はオリジナル要素を、多分に含みます。ご了承の上お読みください。
ご理解頂けない場合は、ブラウザバックでお戻りください。
なお小説内に登場する企業・組織・団体は架空のもので、実在する企業・組織・団体とは無関係です。

Phantasy Star Universe 小説・惑星モトゥブ説明psu-novel

惑星モトゥブ
DATE:        直径 約1万5000km(地球の約1.3倍の大きさ)
陸と海の面積比:  9.9:0.1(ただし地下に多くの水源が存在)
人口:         約1億人(サテライト・ベルトの人口を含む)
種族比率:      ヒューマン:ニューマン:ビースト:キャスト=2:0.5:7:0.5
モトゥブでの生活
 モトゥブには豊富な地下資源が眠っているが、
そのほとんどが未開発状態のままである。
そのため、一攫千金を求めて数多くの入植者があとを絶たない状況が続いている。
 モトゥブの人口はサテライト・ベルトでの居住者を含め約1億人。
人口のほとんどがビーストであり、全体の約7割を占める7000万人が
過酷な環境下で暮らしている。
モトゥブの歴史
 人類が生活する環境とはとても言えない、荒廃した大地に覆われているのが
第三惑星モトゥブである。
 惑星の大きさはグラール太陽系3惑星の中で最大規模となっており、
パルムより一回り大きい。
 地表は砂漠化が進み、海などないに等しいが、地下には多くの水源が存在する。
微粒金属を含む嵐が吹くため、生物が住むには非常に過酷な環境である。
また、微粒金属の嵐は、あらゆるメカニズムに不調をきたすため、
キャストにとっても厳しい土地である。
 しかし旧文明においては水と緑に溢れ、現在のパルムより発展した年が無数に存在
する豊かな土地だった。
 かつて存在していた月が旧文明滅亡の影響で崩壊したため、
現在のように砂漠化してしまったと言われている。
その際崩壊した月の破片がサテライト・ベルトとしてモトゥブを周回している。

HPバナー

PSO2応援バナー

inserted by FC2 system