――柔らかな光が
セカイを染め上げる。

 「ふむ、もう夜明け
か」
 書籍が乱雑に積み
上げられた粗末な
部屋。
 その片隅で木製の
椅子に凭れていた
青年は読んでいた本
を閉じた。
 やや長い銀髪に
切れ長の紅い双眸。
 漆黒に染め上げられ
た術衣を纏い、朝日を
見上げる姿はどこか
蠱惑的だ。
長身、とまではいかな
いがすらりと伸びた手
足は細く、華奢な印象
を与える。
 「また夜を越してしま
ったな」
 そう呟く顔に疲労の
色は無い。こんなこと
は慣れっこなのだろう
眠そうな気配等無い。
 「兄さま〜!」
遠くから凛とした、そ
れでいて甘えるような
声が響き渡る。
声の主は部屋に
入るなり、
 「兄さま、また徹夜
したの?もう、幾ら
言っても聞かないん
だから」
 そう言ってぷくっと
頬を膨らませる。
 部屋に入ってきたの
は少女。
 彼と同じく銀色の髪
と紅き瞳を併せ持つ。
小柄で華奢ながらも
妖しく艶かしい姿は同
性さえも魅了する程に
美しい。
 「そう言うな。
御蔭で大方の解読は
終わった」
 「えっ、もう終わった
の?」
 途端に少女の目が
輝く。
 「ねえねえ、何て書
いてあったの?」
 抱き付かんばかりに
……いや、抱き付きな
がら少女は彼にせが
む。
 逸る少女を落ち着か
せ椅子に座らせる。
 きらきらと目を輝か
せる少女に苦笑しな
がら彼は語り出した。
 「そうだな……この
世界は元々一つの総
体で在り、総体の意
思により各世界は―
  セカイと呼ばれる
群体は各個に己が
領域を作り上げ、
  其処に我等の世界
の基盤となる概念を
敷いた。
此処までは先日話し
たな」
 「うん」
 「群体は己が概念に
耐え切れずに消滅し
た。三つの例外を除い
てな。
 三つの群体はそれ
ぞれ、地球、天球、そ
して我等の住む裏球。
 此れ等の群体が互
いに干渉、影響する
事は無いとされていた
が、元は同じ総体」
そこまで聞いた少女
は目を見開く。
 「まさか兄さま、
見つけたのっ?」
 「ああ、裏球から
地球へと渡る門をな。
  やはり、認識言語
(ファルファーギル)が
《創世の儀条》に深く
関わっているのは
間違い有るまい」



 ―《創世の儀条》。

 群体からこの世界が
生まれるに至った一
連の流れをそう呼ぶ。
如何なる方程式や理
論を用いようとも完全
に説明出来る事は無く、それ故
《絶対の始まり》
(エトクランセウト)
とも言われている。
 「文書にはこう有る。
  『金色の暁と銀色
の黄昏が交差する時
 真なる闇は求めし者
を深淵の果てへと誘う
。彼の地、悠久の果て
に地を求むもの。
  乖離(かいり)成る古の言霊を従えし者、霞月(かげつ)たるに
相応しき者、その全てに遍く栄位なる門を
開く。』と。
 文頭は恐らく場所か
時間、或いはそれに
類するものだろう。
 次の文は地を求むも
のとある。これは地球
の事だ。
 そして最後、乖離成
る古の言霊は認識言
語で間違い無いが…
 霞月(かづき)たるに
相応しき者とは何で
あろうな?」
 「兄さま、認識言語
って?」
 「ああ、まだ説明して
いなかったか。
 認識言語とは言語
自体が持ち得る意味
を具現化した一つの
形だ」
 その答えに少女は
首をへにゃっと傾げる
 「えっと、私達が
普段使っている言葉と
認識言語はどう違うの
?」
 「ふむ……解り易く
言うと、我等が日常で
使う言語は文字の配
列に一定の規則性を
科し、その文字に
意味を与えている。
 だが認識言語は言
語の意味そのものを
文字という媒体に移し
替えたモノだ。
 つまり、『識(し)る』と
いう言葉を既に知って
いるからこそ、
 『識る』という文字を
見て意味を理解出来
る。
 だが認識言語は『識
る』という文字を知ら
なくとも『識る』という
意味が理解出来る。
 その文字自体が
意味の結晶で在るが
故に」
 「ち、ちょっと難しい
かも」
 潔く白旗を上げる少
女に、彼は苦笑する。
 彼とてこのような説
明で全てを理解出来
る等とは考えては
いない。
 論より証拠とでも言
うように、彼は先程ま
で読んでいた本を
少女に渡す。
 「読んでみると解る」
 言われた通り少女
は本に目を落とす。
 見た事の無い文字
が羅列されており何
が記されているのか
は全く解らない。
 「兄さま、全然読め
ないよ?」
 「眺めるのと読むの
は違うぞ、ノーヴィー
?」
 ノーヴィーと呼ばれ
た少女は先程より文
字に強い意識を向け
る。
 暫くそうしていたが
一向に変化は無い。
 (私には無理なの
かなぁ?)
ふう、とため息を吐く。
何気なく文字を眺めた
その時、ノーヴィーの
視界がぐにゃりと歪む
 (あ、あれ?)
 刹那、文字という
媒体を通して凄まじい
程の知識の奔流がノ
ーヴィーを飲み込む。

――異形。見た。鴉。
飛翔。引いて。舞台。
凄惨。堕ちる。拘束。
原罪。帰る。
介して。迂回。滅亡。
天に。烈日。崩れる。
光。鮮血。行方。
真なる――、

 「ノーヴィー!」
 自分を呼ぶ声に、
ノーヴィーは現実に
引き戻される。
 (あ……ここは…?)
 全身を包む倦怠感
に多少の驚きを覚えながら、辺りを見回す
 朝日が差し込む
部屋。
 乱雑に積まれた本
に囲まれるようにして自分は椅子に座って
いる。
 正面で自分を見つめ
ているのは、
 「兄さま……?」
 「気分は如何だ?」
 「少しふらふらするけ
ど、うん、大丈夫」
 そういって笑顔を向
けるが、目眩がするの
か少し体が傾いて
いる。
 彼はその様子を見
て微かに口元を
綻ばす。
 日頃余り感情を表に
しない彼が心から安
堵してくれた事が、
ノーヴィーは嬉しかっ
た。
 (やっぱり兄さまは
優しいなぁ)
 心配させてしまった
事は心苦しいが、それ
でもこうして気に掛け
ていてくれている事に
顔が赤くなる。
 「少し軽率だったな、
我でさえ意識を霧散さ
せぬように多少は
消耗する。
  それを理解しては
いたが、認識はしてい
なかったようだ。
ノーヴィー、済まない」
 「ううん、兄さまは悪
くないよ?
私がちょっとダメダメ
なだけだから」
 照れ隠しに眼を
逸らす。
 「あ、そう言えば
一つ気になる言葉が
あったんだけど兄さま
なら解るかなぁ?
  《影闇の門》
(ラトス・ナトゥータ)
って知ってる?」
 「ラトス・ナトゥータ?
 ふむ……影闇とは
認識していない対象を
示す。
 となれば門とは即ち
移動手段……か。
ほう、御手柄だな
ノーヴィー?」
 「え?」
 「つまりだ、《影闇の
門》とは裏球から地球
へと移動する為の
認識言語だ」
 あっさりと言われ、
ノーヴィーは何を言わ
れているのかを理解
出来ていない。
 たっぷりと時間を掛
け言葉の意味を飲み
込む。
 「それって……私が
地球への接続方法を
見つけたって事?」
 「ああ、これで
《創世の儀条》にまた
一歩近付いた。
本当に良くやったな」
 「あ、えへへぇ……」
 頭を撫でられノーヴ
ィーは目を細める。
 彼の役に立てた事
が嬉しいらしく、頬を
桜色に染める。
 「ふむ……《影闇の
門》については全てノ
ーヴィーに任せよう。
  研究結果等の
資料が欲しい時には
我が集めよう」
 「ええっ、私が?」
 「認識言語を理解し
たのはノーヴィーだ。
御前は選ばれたのだ
。闇に、な」



 ――人竜歴
一八五八年。

 裏球に措いて最も広
大な大陸リストニア。
 この大陸には大きく
分けて三つの種族が
いる。
 大陸各地に進出し
勢力を拡大し、地球に
住む者達と何等
変わらぬ《人族》。
 北部の山岳地帯を
越えた所、白銀に埋
め尽くされた地にひっ
そりと暮らす《魔族》。
 そして、西方の地で
他種族の干渉を受け
る事無く平和な時を過
ごす《竜族》。
 この三大種族が
それぞれ、東方、
北部、西南を支配し
独自の文化を形成
していた。
 各勢力が互いを
牽制し合う形で世界は危うい拮抗を保ちつつ、小さな諍いは
有れど平穏と呼べる
時代を形成していた。
 だが、その平和は脆
くも崩れ去る。
 人族――人間と竜
族の領土の境に在る
小さな村が人間の手
により焼き払われた
事により、二種族間の
対立が激化する。
 この事態に竜族は
人間に対し講和を申し
入れるが、人間達は
これを拒否。
西方に邪悪有り、と
竜族に宣戦を布告し
各地を占領し始めた。
 純粋な力では竜族
が圧倒的に上だが、
元々争いを嫌い平和
に暮らしていた竜族に
比べ、人間は小競り合いや戦争を歴史の
中で繰り返しており
戦場に置いては一枚
上手。
 半ば強制的に魔族
の協力を取り付けた
事も有り、徐々に戦況
は人間に傾く。
 そして、今まさに
人間が竜族の地シー
ナリアスを望むカルカ
運河に差し掛かろうと
していた。



 舞台は彼の地よりそ
う遠くない世界、裏球
 平穏と謳われた場
所に住む双子の竜族
が真なる闇の概念を
手にした時より、
この神話は紡がれる



第一幕へ

inserted by FC2 system